2013年12月20日

「あぶさん」、41年の連載に幕 主人公退団で完結

「あぶさん」、41年の連載に幕 主人公退団で完結
 ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000324-oric-ent

遂に終わるんだ!

そっか。残念だ。

僕も若い頃、ビックコミックオリジナルに掲載されていた「あぶさん」をよく読んだものだ。

作者の水島新司さんは僕と同郷の新潟。

「ドカベン」なんかも描いていたよね。


僕らにとっては漫画は「娯楽」だけでなく「人生の指針」にもなっていた。

「明日のジョー」や「ヒカルの碁」とか。

時代は容赦なく進み続けている。

posted by ホーライ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | さみしい・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

▼さよなら金八先生 「リアル」こだわった32年

▼さよなら金八先生 「リアル」こだわった32年
     ↓
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201103240280.html

教師の大量退職が続く教育界。


テレビの世界でもこの春、ひとりの名物教師が定年で学校を去る。

TBS系ドラマ「3年B組金八先生」の主人公、坂本金八だ。


金八先生が始まったのが1979年で、僕が19歳の時だ。

6畳一間のアパートで白黒テレビで初めて見た金八先生は「面白かった」。

その頃、同時に水谷豊の「熱中時代」があり、僕は、まず、それを観ていたのだが、金八先生を見始めてからは、ずっと金八先生だった。

何が、こんなに僕の気をひいたのか、というと、「中学生」という多感な時代に「挑戦する」金八先生像が、これまでになかった学園ものとして映った。

金八シリーズは全て観ているが、一番の名シーンはなんと言っても「腐ったミカン」の最終回の1つ前の番組だ。

放送室を乗っ取った中学生を逮捕する場面。


中島みゆきの「世情」が流れる中での中学生への手錠をかけるシーン。

パトカーに連れられる息子を追いかける母親のシーン。



今、思い出しているだけで目頭が熱くなる。
   ↓
YouTubeの「場面」
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=fOEOiVAD1-o


中島みゆきの「世情」
   ↓
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND40004/index.html



中学生の妊娠問題、性同一障害、薬物、犯罪者の子ども・・・・・

あらゆる問題を扱ってきた金八先生の最後のスペシャル番組が3月27日(日曜日)の午後7時から4時間番組である。


ついに時代の先を越されてしまった金八先生。

僕たちの時代は、間違っているのだろうか?


本物の教師が、テレビのインタビューで質問されていた。

「金八先生は優秀な教師でしょうか?」

「あの熱血ですが、担当する教科を分かりやすくきちんと教えていれば優秀な教師です。」

当たり前と言えば当たり前の答えが返ってきたが、僕は反感を覚えた。

教科を分かりやすくきちんと教えていても、生徒を「腐ったミカン」呼ばわりする教師は、教師として失格だ。


さよなら、金八先生。

posted by ホーライ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | さみしい・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

▼米の女優エリザベス・テーラーさん死去 79歳

▼米の女優エリザベス・テーラーさん死去 79歳

http://www.asahi.com/international/update/0323/TKY201103230452.html


リズの愛称で世界に親しまれた米国の女優エリザベス・テーラーさんが23日、米ロサンゼルスの病院で死去した。
79歳。
うっ血性心不全のため、1カ月半前に入院していた。


美女の代名詞とも言えるエリザベス・テーラーさん。

映画「クレオパトラ」が有名だ。

僕はこの映画をNHKテレビの放映で観た。

気が強いクレオパトラを演じていたという印象だった。

『クレオパトラ』は史上初の100万ドルの出演料で話題にもなっている。


1960年公開の『バタフィールド8』で初のアカデミー主演女優賞を受賞している。




結婚と離婚を繰り返し、晩年はエイズ撲滅キャンペーンにも力を入れていた。

1992年、ロンドンのウェンブリースタジアムで開催されたフレディ・マーキュリー追悼コンサートでは、エイズ予防の啓発のためのスピーチを行っている。


もし、彼女の映画を1本紹介して欲しいと言われれば、やっぱり『クレオパトラ』かな。


posted by ホーライ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | さみしい・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。