2006年07月13日

『日本沈没』と『日本以外沈没』

『日本沈没』
  ↓
http://www.nc06.jp/


『日本以外沈没』
  ↓
http://www.all-chinbotsu.com/


この夏話題の映画といえば『日本沈没』(監督:樋口真嗣 7月15日公開)。

今更説明するまでもないが、原作は1973年3月に小松左京が発表したSF小説。
上下巻あわせて約400万部が売れたというベストセラーで同じ年の暮れに映画化され、一大ブームを巻き起こした。
その『日本沈没』が33年ぶりに最新の科学データを元に完全リメークされたとあって注目を集めている。

そして、『日本沈没』とともに忘れてはならないのが筒井康隆のパロディ小説『日本以外全部沈没』である。
題名の通り日本列島以外の陸地すべてが沈没、唯一の陸地である日本へ世界の著名人が集結という設定。

『日本沈没』のヒットを祝う席で星新一が題名を提案し、小松左京の許可を得て筒井康隆が執筆したといわれている。

『日本以外全部沈没』は『日本沈没』が第5回星雲賞(日本長編部門)を受賞したのと同時に、第5回星雲賞(日本短編部門)を受賞してしまったというまさに本歌取りな作品なのだ。

アメリカの超大物歌手がたどたどしい日本語で「赤城の子守唄」を歌ったり、ハリウッドスターが街中で本業以外で働いていたり、各国の大物政治家が領土をねだったりなどハチャメチャながら当時の社会情勢なども垣間見えて、とても面白い。

発表当時はさすがに『日本以外全部沈没』は映画化されなかったが今回は『日本沈没』のリメイクに便乗する形で映画化が決定。今年晩夏にシネセゾン渋谷にてレイトショーほか全国順次公開される。
もちろん、こちらも『日本沈没』同様、時代は現代に設定。製作・脚本・監督は、『いかレスラー』、『コアラ課長』、『ヅラ刑事』と近年絶好調の鬼才、河崎実。出演は、主人公の新聞記者に小橋賢児、柏原収史、松尾政寿、黒田アーサー、ベテランの寺田農、そして原作者筒井康隆も登場。さらに、元祖『日本沈没』でTV版と映画版の主役を演じた村野武範と藤岡弘が『日本以外全部沈没』では総理大臣役、防衛庁長官役とこれまたお茶目な配役となっている。


★どっちを先に見る?




posted by ホーライ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。