2006年07月12日

たった一つのクリップが一軒家に=現代版わらしべ長者

インターネットを使ってたった一つの紙クリップから物々交換を始めたカナダ・モントリオールの26歳の青年が、1年かけてついに一軒家を手に入れた。
まさに現代版わらしべ長者だ。

この青年はカイル・マクドナルドさん。
ガールフレンドと一緒に住む持ち家を夢見て2005年7月、パソコン脇にあった赤いクリップを「もう少し大きくて、もう少しいい物」と交換してくれるようネット掲示板に書き込んだ。

するとまず、バンクーバー在住の女性2人がこれに応じ、魚の形をした木製のペンと交換。
さらにこのペンを米シアトルの彫刻家から申し出のあった顔の模様入りの陶製ドアノブと交換した。

交換はその後も続き、キャンプ用コンロ、ガソリン携帯発電機、ビールのネオンサインと樽、スノーモービル、スキー旅行券、トラック、スタジオでのレコーディング契約、米アリゾナ州フェニックスのアパートの1年間居住権、ロック・スターのアリス・クーパーと午後を過ごす権利、果てはハリウッド映画への出演の権利などへとどんどん発展。
ついに、カナダ・サスカチュワン州の町キプリングが所有するベッドルームが3室もある2階建て一軒家を手に入れた。

この間、発電機とネオンサインの交換に訪れたニューヨークで、ホテルに発電機を置いておいたところ、異臭がするとの客の苦情を受けた消防局が発電機を一時押収。危うく物々交換が頓挫する危機にも見舞われた。

マクドナルドさんは8月に新居に移り、9月に大々的にパーティーを開く予定という。
多くの人の助けで夢がかなったためか、パーティーへは「誰でも招待する」と話している。


*何でも試してみるもんだ。



posted by ホーライ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

わらしべ長者になってみたい。
Excerpt: 先日ニュースより。カナダのカイル・マクドナルド氏がネット上で 「わらしべ長者」よろしく、履歴書に使用していた何てこともない 単なる赤いペーパー・クリップを元に、去年7月より物々交換を続け、..
Weblog: Stylish jam - Blog
Tracked: 2006-07-12 08:09

笑っちゃったニュース
Excerpt: 思わず笑ったニュースや時事ネタへのツッコミ。こちらで書いてみてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-07-12 19:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。