2006年07月25日

今年の流行は頭突きで決まり

英中部ストラットフォード・アポン・エイボンの競馬場で23日、騎手が出走前の競走馬から振り落とされた腹いせに馬に頭突きを食らわせたことが分かり、監督機関が調査に乗り出した。
 
その“瞬間”は競馬専門テレビにもはっきりと映し出され、25日付の英各紙はサッカーのワールドカップ(W杯)決勝で頭突きをしたフランスのジダン選手になぞらえ、大きく報じた。
 
話題の主はポール・オニール騎手(26)。競走馬シティーアフェアーに騎乗して障害レースに出ようとしたところ、馬が暴れて振り落とされた。同騎手は、手綱を引いて馬を引き寄せた上で、ヘルメットをかぶったまま馬の鼻に一撃。
 

同騎手はその後、この馬に騎乗し、レースで4位になった。



絶対にワールドカップを意識していたと思うな。
posted by ホーライ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おこるでー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

ボートの上でセックスしたい? それならバラトン湖においでよ

「ボートに乗って、いつもと違う雰囲気でセックスしたいと思いませんか?それならバラトン湖に来てください」


これはハンガリー観光庁が新たにスタートさせたキャンペーンの宣伝文句で、若い人たちをバラトン湖に呼び寄せるために考案されたそうだ。


キャンペーンを紹介するウェブサイト(http://abalatoninyar.fw.hu/)にアクセスすると、アニメムービーが再生される。若いブロンドの女性が登場し、ボートで既婚男性とセックスするという内容だ。


BGMには1980年代の曲が流れ、観光客という設定の既婚男性がこっそり結婚指輪を隠すシーン、女性がブラを取って胸をあらわにするシーンなどがある。


観光庁は声明で「若い人たちが旅行を計画するとき、その目的地にバラトン湖が選ばれることを狙ったキャンペーン」と発表している。



かつてバラトン湖はドイツや東ヨーロッパ諸国からも多くの人々が訪れた有名な観光地だったが、ハンガリー国民が夏期休暇を国外で過ごすことが多くなった最近では、訪れる人の数も減ってしまったという。



*コメントは避けるが、上のURLをクリックしてもらうと分かるが、なかなか面白い!
受けました。(会社のPCでは見ないほうがいいと思うな。)

タグ:ボート
posted by ホーライ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ばかうけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

受話器の向こうは囚人

イタリアで電話番号案内サービスを利用すると、オペレーターはもしかしたら殺人罪で服役中の囚人かもしれない。

イタリア大手の電話通信会社『テレコム・イタリア』が木曜日に発表したところによると、ローマ最大の刑務所に新たにコールセンターを設置したという。

このセンターで日々業務に当たるのは、24名の囚人たちだ。

「ユニークなシステムであり、囚人たちに仕事を経験させることができる上、社会復帰への準備にもなるでしょう」とテレコムのマルコ・T・プロヴェラ社長は語った。



この日、薬物がらみの殺人で13年の禁固刑となった囚人のジャンルカ・ディセンツォは、「こんにちは。オペレーターのジャンルカです。テレコム・イタリアをご利用いただきありがとうございます」と、丁寧に電話で応対していた。

ジャンルカはロイターに対して「利用者はオペレーターについて何も知らないですからね。私たちも自分が刑務所にいることを忘れてしまいそうになります」と語った。

囚人たちが電話番号案内を行っているのは、毎日午前8時から午後8時までで、日曜日だけはお休みだ。

一回案内をする度に12セントが給料として支払われるが、問い合わせ件数は一日約200件あるという。

テレコム社は囚人たちがオペレーターを務めることについて、全く危険性はないとしている。

刑務所から外線電話を使用することは不可能で、また、番号案内はイタリア国内45ヶ所のコールセンターに無作為に繋がるシステムとなっているからだ。



また別の囚人は話す。

「たいくつなルーチンワークだと思われるかもしれない。しかし、毎日牢屋の中で何もせずにいるより、生きている実感が沸く作業なのです。外の世界に触れることができ、社会に貢献していると感じることができるのです」

「病院や薬局の電話番号を聞かれることが多いですが、なかには『今日は何曜日だっけ?』とか『私の愛犬が病気なの』とか言われることがあります。そんなとき、私はなんと答えれば良いのでしょうか?」


★生きている実感が湧くというユニークな発想がいい。

もちろん、愛犬の病気は獣医へ。

posted by ホーライ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「釣り未亡人」

英国の釣り人の4分の3は、妻や恋人などのパートナーとベッドを共にするよりは釣りに出掛ける方を選ぶとの調査結果が明らかになった。

また、調査に答えた1000人の釣り人の半数以上が、スーパーモデルと一夜を共にするよりも、記録破りのマスやサケを釣り上げたいと答えている。


調査は、ブックメーカーのトウトスポートが行った。

調査に応じた人は、平均してパートナーへの贈り物に使う金額の8倍を釣りの装備に費やしている。

トウトスポートのスポークスマンは、おそらく英国中に、この結果に関連した「釣り未亡人」がいるだろうとコメントしている。

また、回答者の46%が、仲間らに釣った魚の大きさでうそをついたことがあると答えた。

posted by ホーライ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ばかうけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

漁船を盗んだものの・・・・

英南西部ウェールズの北部、ホリーヘッドの海難対策当局者は17日、フェリーに乗り遅れ、漁船を盗んだものの、操舵の方法が分からず、アイリッシュ湾で漂流していたアイルランド人男性2人を救助した、と述べた。


いったんは釈放はされたものの、漁船に損壊を与えていたことが判明、逮捕された。


海上を数時間、漂ったあげく、英国の沿岸警備隊に助けを求めた。ホリーヘッドで漁船を盗んでいたもので、西方のアイルランドへ向かおうとしたらしい。助けられた時、アイルランド沖にいると信じていたが、ホリーヘッド北部沖、約19キロの海域にいた。


遭難の連絡を受け、救助艇、ヘリコプターが出動する騒ぎになっていた。


★今度からしっかりと計画を立てて・・・・からでも犯罪はやってはいけませぬ。
posted by ホーライ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ばかうけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

83歳がプロの試合で打席に、米史上最高齢と

野球の米独立リーグ、スーホールズ・カナリーズの試合で、米史上最高齢となる83歳の選手が打席に立ち、惜しくも三振に倒れた。プロ野球の試合ではこれまでに、2003年に80歳選手が出場した記録がある。


元マイナーリーグ選手のジム・エリオーツさん(83)は、日頃からバットを握って打撃練習を続けており、ピッチングマシンが投げる約160キロの球も、ヒットにしているという。


日頃の訓練の成果を確かめたいと、プロ野球の試合出場を考えた。エリオーツさんが、マイナーリーグの球団を支援するゴールドクラング・グループのチームと一緒に練習していたことから、同社の社長に相談。この社長がカナリーズの球団社長に話を持ちかけ、試合出場が実現した。


カナリーズは普段から、高齢者の生活向上に協力していることから、エリオーツさんの希望を快く受け入れた。カナリーズは毎週火曜日、高齢者の入場料を半額にしており、エリオーツさんの出場は、今月11日の火曜日、対セント・ジョー・ブラックスネークズ戦に決まった。


エリオーツさんが打席に入ると、見守る観客は静かになり、守備に就いている選手は、落ち着かない様子。エリオーツさんは、ファウルなどで粘ったが、三振に倒れた。しかし、「あと何度か打席に入れば、ヒットが出たと思う」と話している。


試合は、カナリーズが5─3で勝った。


★まだまだチャンスがありますよ!

2006年07月17日

窃盗裁く法廷で判事のカギの束を着服

ドイツ中部、コブルク町の警察は、窃盗罪に問われた61歳の男性が、法廷で「女性判事」から「カギの束」を盗む事件があった、と公表した。「彼は盗み放しの人生を送ってきた。癖で手が出たのだろうか」とも話している。

判事は、被告が退廷するまで、盗みに気付かなかったという。盗みの手口などの詳細は不明。

手洗い所で廷吏に問い詰められ、ポケットの中にカギの束があるのを見付けられたが、被告は、「なんで、こんな所にあるのだ」とビックリした表情を示したという。

この事件を受け、被告の裁判は一時延期される見込み。被害者の女性判事の、「偏見のない、公正な判決」を確保するための措置としている。


★がはははは!!
posted by ホーライ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ばかうけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

超個人的なことを祝う花火大会がある

数、規模を競う東京の花火大会とは、また違った趣の花火大会はいかがですか。

ローカルな花火大会の中でも、とりわけほのぼの度の高いものが、長野市にあった。

平成12年まで開催されていた「ニコニコお祝い花火」だ。名前からしてほのぼのだが、その内容は……。

「鈴木くん、ご結婚おめでとう」パーン。
「山田さん、初孫誕生おめでとう」パーン。
「小池さん、88歳おめでとう」パーン。
「土屋さん、お引越しおめでとう。今度、新居に遊びに行かせてね」パーン。

そう、個人がスポンサーとなり、あまりに“超個人的”なお祝いメッセージが読まれる花火大会である。

初めて見たときには、一瞬、ぽかーん。
「鈴木って誰だよ!?」とか「初孫はめでたいけど、花火あげちゃうほど?」と思ったりもした。
ときには、「エジプトに行ったお兄ちゃん、元気ですか? みんな心配しています。連絡ください」などと、周りがハラハラするような内容もあった泣かせる花火大会だったが、平成12年を最後に終了したという。なんとも残念なことだ。

主催者の長野商工会議所に理由を聞いてみると、
「周辺に住宅地が多く、場所的に続けるのが難しくなったんですよ」という。

そもそも、この「ニコニコお祝い花火」が始まったのは、平成5年から。
「秋の『えびす講 煙火大会』という、商売繁盛を願う企業の花火大会が、今年で101回目を迎えます。でも、夏には花火大会がなかったこと、市民から『企業だけじゃなく、個人でもお祝いの花火をやりたい』という声が出てきたため、始めたものだったんですよ」
当時は、3号玉3発12000円から申し込めるため、圧倒的に個人の申し込みが多かったそうで、終了したことを嘆く声、復活して欲しいという希望や問い合わせも結構多いのだとか。

復活の可能性などは今のところないと聞き、すっかりしょげる私に、担当者は「でも……」と、こんな耳寄りな情報を教えてくれた。
「これとほぼ同じ形式で、『川中島古戦場祭り』というものもあるんですよ」
第13回を数える花火大会で、今年は9月2日(土)19時から開催されるという。いちばん安いものは、5号玉1発13000円からで、「誕生、就職、結婚、還暦、米寿、個人の創業、新築、落成など、いろいろなお祝いメッセージがあります」とのこと。
こちらは、主催者が長野市商工会更北支所で、花火のスポンサーの申し込みは7月20日まで受け付けているそうだ(TEL026-284-3552)。

名前と主催者は違うが、今も生き続けている超個人的なお祝い花火大会。
特に何もなくとも「オレ、おめでとう!」とか、自分自身のことを祝っちゃうのもたぶんアリです。


posted by ホーライ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

『日本沈没』と『日本以外沈没』

『日本沈没』
  ↓
http://www.nc06.jp/


『日本以外沈没』
  ↓
http://www.all-chinbotsu.com/


この夏話題の映画といえば『日本沈没』(監督:樋口真嗣 7月15日公開)。

今更説明するまでもないが、原作は1973年3月に小松左京が発表したSF小説。
上下巻あわせて約400万部が売れたというベストセラーで同じ年の暮れに映画化され、一大ブームを巻き起こした。
その『日本沈没』が33年ぶりに最新の科学データを元に完全リメークされたとあって注目を集めている。

そして、『日本沈没』とともに忘れてはならないのが筒井康隆のパロディ小説『日本以外全部沈没』である。
題名の通り日本列島以外の陸地すべてが沈没、唯一の陸地である日本へ世界の著名人が集結という設定。

『日本沈没』のヒットを祝う席で星新一が題名を提案し、小松左京の許可を得て筒井康隆が執筆したといわれている。

『日本以外全部沈没』は『日本沈没』が第5回星雲賞(日本長編部門)を受賞したのと同時に、第5回星雲賞(日本短編部門)を受賞してしまったというまさに本歌取りな作品なのだ。

アメリカの超大物歌手がたどたどしい日本語で「赤城の子守唄」を歌ったり、ハリウッドスターが街中で本業以外で働いていたり、各国の大物政治家が領土をねだったりなどハチャメチャながら当時の社会情勢なども垣間見えて、とても面白い。

発表当時はさすがに『日本以外全部沈没』は映画化されなかったが今回は『日本沈没』のリメイクに便乗する形で映画化が決定。今年晩夏にシネセゾン渋谷にてレイトショーほか全国順次公開される。
もちろん、こちらも『日本沈没』同様、時代は現代に設定。製作・脚本・監督は、『いかレスラー』、『コアラ課長』、『ヅラ刑事』と近年絶好調の鬼才、河崎実。出演は、主人公の新聞記者に小橋賢児、柏原収史、松尾政寿、黒田アーサー、ベテランの寺田農、そして原作者筒井康隆も登場。さらに、元祖『日本沈没』でTV版と映画版の主役を演じた村野武範と藤岡弘が『日本以外全部沈没』では総理大臣役、防衛庁長官役とこれまたお茶目な配役となっている。


★どっちを先に見る?


posted by ホーライ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

厳選された女の子の口説き文句

「君のお父さんは泥棒だったのかい? だって君の瞳は……お父さんが星を盗んで君の目に入れたかのように美しいから」

そんなフレーズを囁けば、きっと上手くいくでしょう……。

口説き文句ベスト10を出版した『チェンバーズ』によると、「愛のフレーズ」は英語の他にチェコ語、フランス語、イタリア語、フランス語、そしてドイツ語にも翻訳されているそうだ。

もしも上位の口説き文句で上手くいかなかった場合、こんなフレーズを囁いてみよう。

「ねぇ、君って天国から落ちてきたとき、痛くなかったの?」

それともこんなのはどうだろう。

「君は疲れているだろう? だって、君は僕の心の中を一日中走り回っているんだから」

さて、第10位の口説き文句はこんな感じだ。

「君の瞳が唯一僕に教えてくれないもの……。それはね、君の名前だよ」


*勇気が有って、人生一回くらい挫折を味わうのもいいな、と思う人は是非、上の言葉でチャレンジしてみよう!!
posted by ホーライ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ばかうけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった一つのクリップが一軒家に=現代版わらしべ長者

インターネットを使ってたった一つの紙クリップから物々交換を始めたカナダ・モントリオールの26歳の青年が、1年かけてついに一軒家を手に入れた。
まさに現代版わらしべ長者だ。

この青年はカイル・マクドナルドさん。
ガールフレンドと一緒に住む持ち家を夢見て2005年7月、パソコン脇にあった赤いクリップを「もう少し大きくて、もう少しいい物」と交換してくれるようネット掲示板に書き込んだ。

するとまず、バンクーバー在住の女性2人がこれに応じ、魚の形をした木製のペンと交換。
さらにこのペンを米シアトルの彫刻家から申し出のあった顔の模様入りの陶製ドアノブと交換した。

交換はその後も続き、キャンプ用コンロ、ガソリン携帯発電機、ビールのネオンサインと樽、スノーモービル、スキー旅行券、トラック、スタジオでのレコーディング契約、米アリゾナ州フェニックスのアパートの1年間居住権、ロック・スターのアリス・クーパーと午後を過ごす権利、果てはハリウッド映画への出演の権利などへとどんどん発展。
ついに、カナダ・サスカチュワン州の町キプリングが所有するベッドルームが3室もある2階建て一軒家を手に入れた。

この間、発電機とネオンサインの交換に訪れたニューヨークで、ホテルに発電機を置いておいたところ、異臭がするとの客の苦情を受けた消防局が発電機を一時押収。危うく物々交換が頓挫する危機にも見舞われた。

マクドナルドさんは8月に新居に移り、9月に大々的にパーティーを開く予定という。
多くの人の助けで夢がかなったためか、パーティーへは「誰でも招待する」と話している。


*何でも試してみるもんだ。

posted by ホーライ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーツァルトは傷心のゾウも癒す

クロアチアの首都ザグレブの動物園で、仲間を病で失い、すっかり落ち込んでいたゾウが、モーツァルトなどのクラシック音楽を聞いて癒されている。
偉大な作曲家の音楽が持つ「癒し効果」は動物にも及ぶようだ。

45歳の雌のゾウ「スマ」は、10年来のパートナー「パトナ」が5月に癌で死んで以来、落ち込んでエサも受け付けなくなるなど、深刻なうつ状態に陥った。
ところが6月、動物園がゾウの檻の近くで開いたクラシック・コンサートがきっかけで、スマがクラシック音楽に慰めを見いだしたらしいことが分かった。

初めスマは演奏家らの姿を見て神経質になり、鼻を使って小石を投げ付けるなどイラついていた。
しかし演奏が始まると、フェンスにもたれて目を閉じ、最後まで身じろぎもせずモーツァルトやビバルディ、シューベルトの曲に聞き入った。

そこで動物園では、ステレオを設置していつでも「音楽セラピー」を受けられるようにした。
ムラデン・アニッチ園長によると、スマのお気に入りは何といってもモーツァルト。
ビバルディやバッハも好んでいるという。


*ロックやジャズでは駄目なんだろうね。

posted by ホーライ at 05:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひげのサンタが大集合 シーズンオフに会議開催

夏の盛りに、街にサンタがやって来た?

米ミズーリ州ブランソンで9日までの週末、赤い服に白ひげのサンタクロース数百人が参加する「サンタ会議」が開かれた。

クリスマスシーズンに各地のショッピングセンターなど活躍するサンタ役が集合し、情報を交換した。

主催は「本物のひげを持つサンタの合同団」(AORBS)という組織。

12年前にわずか10人で発足したが、現在は世界中に800人の会員を擁する。

入会の条件は「ひげがあること」だ。

今回初めて開いた会議には、サンタ280人余りとその夫人250人が集まった。

期間中、会場では「語りの技術」「障害のある子どもたちとの接し方」「サンタの倫理」「派遣業者の見つけ方」など、「サンタ業」に役立つ15のテーマでセミナーが開かれた。

参加者の職業は営業マン、教師、店員などさまざま。中にはカトリックの司祭もいて、会議最終日にはミサを執り行った。

主催者らによれば、サンタ役は限られたシーズンながら「利益の上がる成長業種」だ。

参加者の1人、シッド・フレッチャーさんは、この道30年。

普段は飛行機部品の工場に勤めているが、クリスマスシーズンにはミネソタ州ミネアポリス近郊の大規模ショッピングセンターでサンタ役を務め、1カ月半で300万円以上のもうけを上げるという。

「でも本人は1年中サンタのように振る舞っているわ」と、夫人のモリーさんは語る。

「シーズンオフには道に立って、子どもに手を振ったりしている」という。


*「「サンタ業」に役立つ15のテーマでセミナーが開かれた」←サンタもしっかり研鑽を積んでいるんだね。


posted by ホーライ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 単純におもろい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

猛暑で愛馬に日焼け止めクリーム

最高気温が30度にも達する猛暑に見舞われている英北東部、ハンバーサイド州で、地元警察署の騎馬警察隊に所属する愛称「サニー」の白馬が、日焼け止めクリームを使用し、話題になっている。


正式な名前は「ブルー」だが、先天的にメラニンという色素が欠乏する珍しい「アルビノ(先天性色素欠乏症)」を抱えている。

毛が少なく、紫外線を吸収する働きのあるメラニンが不足しているため、紫外線の影響を受けやすく、皮膚がんなどになりやすいとも言われる。


このため、サニーに乗り、地元巡回などに当たっている騎馬警察官が、炎天下を歩かなければならない愛馬を紫外線から守ろうと、インターネットで一般に協力を求めた。

これに地元の薬局が応え、ドラム缶入りの大量の日焼け止めクリームを寄付してくれたという。


地元署は、「この暑さだからとても心配していた」と安ど。

サニーの出動前、背中、尻や鼻部分に入念に塗っているという。



*「アルビノ」って、いろんな動物に出るんだよね。

アルビノペット専門の日焼け止めクリームを作ったら、売れるかも。


posted by ホーライ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | これぞB級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

朝起きたら「肛門」の中に電球

パキスタン中央部ムルターン――ムルターンの病院当局者は、刑務所の受刑者の男性の「肛門(こうもん)」に電球が突っ込まれる事件があり、1時間半にわたる手術で無事に摘出した、と述べた。
悪質ないたずららしい。
電球の大きさは不明。


被害者は40歳代半ばの男性で、イスラム教徒国では禁じられている酒類製造の罪で禁固4年の刑を受けた。

朝起きた時に下腹部に痛みを感じ、医者に診てもらったところ、原因が分かったという。


「誰がこんなことをしたのか。他の受刑者か刑務官なのか」と怒っている。診断した医者は、薬物を投与され、意識を失っている間に突っ込まれたのではないかと推測している。


手術を施した医者は、「内部で電球が割れたりしたら、大変な事になる。そのまま、引き出さなければならない、極めて難しい手術だった」と振り返っている。
被害者の男性は「朝食も取れるし、水も飲める」とホッとしている。



★う〜〜〜ん、本当に知らないうちに入れられたのだろうか?・・・・


posted by ホーライ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。